スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.01.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

毎日の食事に取り入れたい植物性乳酸菌!動物性乳酸菌とは何が違うの?



一般的に乳酸菌は、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に分けることができ、効率的(活きたまま腸まで届ける)に乳酸菌を摂取するなら植物性乳酸菌がいいといわれていますね。

なお乳酸菌を含む食品といえば、ヨーグルトや漬物などがありますが、これらの食べ物にはどのタイプの乳酸菌が含まれているか紹介します。

まずヨーグルトやチーズといった牛乳の発酵食品にに含まれる動物性乳酸菌は、他の微生物との共存ができず、どちらかといえば生命力が弱いタイプの乳酸菌といえそうですね。

対して植物性乳酸菌は、漬物・キムチや味噌といった野菜や米・大豆などの発酵食品に含まれ、他の微生物とも共存できる特徴があります。例えば、塩分濃度が高いとか酸性度が強いといった過酷環境でも生息できるらしく、かなり生命力が強いタイプの乳酸菌といえそうです。そのため活きたまま腸まで届くと評判ですね!

なお、この2つの乳酸菌は作られ方も異なり、動物性乳酸菌は乳糖だけを分解して乳酸を作るのに対し、植物性乳酸菌はブドウ糖や果糖・麦芽糖など色んな糖類を分解して乳酸を作るそうです。同じ乳酸菌でも意外と奥が深い感じですね。

そこで効率よく乳酸菌を摂取する方法を考えてみたいと思います。特にヨーグルトで乳酸菌を摂取する場合、腸に届く前に胃酸などで死滅してしまうといわれていますね。まあ赤ちゃんなら別かもしれませんが、ストレスの多い大人の場合は活きた乳酸菌が腸まで届かないといわれていますよね。

やはり漬物などの発酵食品で摂取する方が賢い選択といえるかもしれません。なお漬物の中でも「ぬか漬け」は、良質な乳酸菌を含むといわれています。できれば、毎日の食事に「ぬか漬け」などの漬物を加えたいものですね!

特に漬物って食物繊維も同時に摂取できるので便秘解消にも効果がありそうです。しかも便秘解消には乳酸菌などの善玉菌が効果がありますからね!健康生活を送るためにもオススメといえそうです!

スポンサーサイト

  • 2012.01.14 Saturday
  • -
  • 16:00
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク